『リノリースCLUB全国大会』に214人参加

新規オーナー開拓強化


リノベーションのフランチャイズ『リノリースCLUB』を運営するTRN(福岡市)は5日、『第4回リノリースCLUB全国大会』を福岡市内のホテルで開催した。
加盟店や協力会社など、214人が参加した。

第1部では、新サービス『リノリースバック』を発表した。
FC本部が95%の賃料で空室を借り、建築系の加盟店がリノベーションをして、不動産系の加盟店が5%で管理を受託し客付けを行うというもの。
入居者へはリノベ後の物件を110%で貸し出し、本部の取り分は10%。
オーナーは同サービスを取り入れた部屋の管理費は無料、10年間の定期借家契約となる。
加盟店の営業スキルによって収益の差が出過ぎないように、FC本部が積極的に新規オーナーを開拓する。

また、売り上げや着工件数の上位だった企業や個人を表彰した。
売上総合1位を獲得したのは、Goodプロパティ(福岡市)だった。
第2部の懇親パーティーでは、TRNグループの中島克己社長が「私たちの使命は、加盟店の収益向上につきる。これからもチャレンジし続けたい」と締めくくった。

(全国賃貸住宅新聞様より引用)