くい打ちデータ、豊州パイルが流用 熊本の市営住宅 – 大分合同新聞


くい打ちデータ、豊州パイルが流用 熊本の市営住宅
大分合同新聞
大分市松岡の「豊州パイル」(山村哲司代表取締役)がくい打ち工事を請け負った熊本県水俣市の市営住宅で、データ流用が発覚した。大分県は15日、同社の施工した県有施設の安全性を確認する作業に入ることを決めた。 水俣市によると、市営住宅1棟でくい97本のうち1本の ...

(熊本 - Google News様より引用)