アウトドアがテーマのシェアハウス完成

新しい住まいとしての価値創造へ


ビジネスホテル『ドーミーイン』や学生・社員寮『ドーミー』を展開する共立メンテナンス(東京都千代田区)が4月1日、アウトドアがテーマの『シェアハウスドーミー南柏』の内覧会を開催する。

同シェアハウスは千葉県流山市、常磐線「南柏」駅から徒歩8分の場所に立つ約14㎡全87室のRC造4階建て。
もともと自社で使用していた社員寮をリノベーションした。
アウトドアを趣味とする入居者が交流することをコンセプトにしている。
ハンモックルームや屋内外にテントを張れるスペースがあり、ボルダリングが楽しめるカフェや自転車のメンテナンスを行える部屋などを併設しており、そのほかシアタールームや共有キッチンスペースも完備している。

同社の広報担当者は「これまで当社が培ってきた学生寮事業や社員寮事業などの知見を生かし反映した住まいを発信し、新しい住まいとしての価値を生み出したい」と話す。
家賃は6万7000円を予定している。

(全国賃貸住宅新聞様より引用)