アジア航測/現地調査支援アプリ開発/モバイル端末で作業を効率化、業務負担軽減

 アジア航測は、スマートフォンなどモバイル端末を活用し、さまざまな現地調査を支援するアプリケーションを開発した。紙の地図や膨大な量の資料を持参しながら現地で書き込む従来の調査方法に対して、調査項目などを設定したクラウドサービスにモバイル端末からアクセスして調査結果を記入する仕組み。業務負担が軽減し、作業の効率化も図れる。
 同社は、空き家調査のほか、固定資産税対象家屋の課税漏れ調査や標準宅地調査、ソーラーパネルなどの償却資産調査、防犯灯調査、道路点検(陥没調査)といった現地調査を伴うさまざまな業務に活用できるとしている。
 アプリを利用する調査員は、モバイル端末を使用し、あらかじめベースマップや調査地点、調査項目などを設定したクラウドサービスに接続して画面上に調査結果を入力する。撮影した写真の掲載も可能。調査済みの箇所は地図上で色が変化するため、調査漏れを防止できる。
 管理者は、別のパソコンから調査員と同様の画面を見て調査状況やユーザーごとの進ちょく状況(グラフ表示)をリアルタイムで確認でき、その場で調査員に地点追加も指示できる。
 例えば、従来の空き家調査は紙の地図や膨大な量の調査票を持ち歩いて行っていたため、荷物が増え、目的の資料を探す手間もかかり、紛失・情報漏えいやデータ誤入力のリスクもあった。モバイル端末を使うことで調査の負担が軽減するだけでなく、資料紛失の防止、ユーザー認証によるセキュリティー保護、調査結果の入力ミスや入力漏れの防止、作業時間の短縮などにつながる。

(日刊建設工業新聞様より引用)