エイズウイルス、細胞間の感染拡大抑える化合物 熊本大・理研 – 日本経済新聞


エイズウイルス、細胞間の感染拡大抑える化合物 熊本大・理研
日本経済新聞
熊本大学の鈴伸也教授と理化学研究所の大野博司グループディレクターらはエイズウイルス(HIV)が細胞から別の細胞に感染を広げるのを抑える物質を突き止めた。HIVは細胞外に出たり、免疫細胞同士が連結する仕組みを利用したりして感染を広げる。 マクロファージという ...

and more »
(熊本 - Google News様より引用)