?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? キャリアアップシステムー開発本格始動へ/職人の身分明確化、業界の期待乗せ | はいよ Hi-Yo!

キャリアアップシステムー開発本格始動へ/職人の身分明確化、業界の期待乗せ

 建設技能者一人一人にIDを付与し、保有資格や就業履歴などのデータを統一ルールで蓄積・管理する「建設キャリアアップシステム」。曖昧だった「建設職人」の身分を明確化し、技能や経験に見合った処遇を受けられるようにするのがその狙いだ。職人を抱える専門工事会社の評価も客観データに基づき行えるようになれば、健全な競争環境の構築に役立つと期待される。システムの開発がいよいよ本格始動する。
 建設工事は、元請の技術者と専門工事会社の技能者とが協力しながら進める。双方の仕事ぶりが、施工品質を大きく左右する。
 そうした中、技術者については、能力を担保する国家資格をはじめとする各種資格の保有状況や、どのような経験を積んできたかを示す仕組みがある。技術者を何人抱えているかを企業評価の尺度の一つとする経営事項審査(経審)といった制度も用意されている。
 一方の技能者はどうか。登録基幹技能者や技能士資格などがあるが、それらの能力や現場で積み上げた経験を客観的に示す仕組みが今のところはない。
 □ICカード交付□
 建設キャリアアップシステムでは、第一歩として技能者一人一人の本人確認を行い、IDを付与したICカードを交付する。建設業の主要団体が出えんする建設業振興基金(内田俊一理事長)が運営主体となってカードを交付することは、業界が「この人は建設職人です」と公式に認めたことを意味する。
 ICカードは、建設現場で重要な役割を担っているにもかかわらず曖昧な存在だった技能者の誇りや地位の安定化につながる「ザ・職人身分証明書」と内田理事長は表現する。全建総連の田口正俊書記次長は「本人の意識、技能者に対する業界や国民の見方に変化を生み出す」と期待する。
 カードには、本人情報や社会保険への加入状況、保有資格など現場で働く職人にとって重要な情報が登録される。共通ルールの下で現場経験や能力を蓄積することで、それぞれの技能者が経験と能力に見合った処遇を得られるようにすることを目指す。「職人の技能と経験を、システムによってリスペクトする」(村田誉之大成建設社長)。そんな趣向だ。
 システムが「処遇改善の起爆剤」(土志田領司全国中小建設業協会副会長)として機能すれば、深刻化する担い手不足への有効な対策にもなりそうだ。入職してくる若者にとって、建設業を「夢を託せる産業にしていかなければならない」(中筋豊道島根県建設業協会会長)というのが業界の総意。システムがその後押しとなることに期待がかかる。
 □下請版の経審を□
 職人の処遇改善というシステムの目的を達成する上では、専門工事業者を評価することも重要だ。業界はこれまでも繰り返し、「下請版の経審」の構築を国土交通省に求めてきた。職人を抱え、育成することで施工力を確保する企業努力が評価されるようになれば、「業界の健全な発展につながる」(向井敏雄向井建設会長)との期待は大きい。
 本格稼働は18年度となる見通しだ。業界のさまざまな思いが詰まったシステムが円滑に運用されるよう、国交省は「各種意見の調整役を引き続き担っていく」(谷脇暁土地・建設産業局長)としている。
 官民のさまざまな立場の関係者に、建設キャリアアップシステムついて聞いたインタビュー連載「建設キャリアアップシステムを語る」を近日中に始めます。

(日刊建設工業新聞様より引用)