?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? キャリアアップシステム運営協議会が始動/運営ルール・料金体系の検討本格化 | はいよ Hi-Yo!

キャリアアップシステム運営協議会が始動/運営ルール・料金体系の検討本格化

 建設技能者の就業履歴や保有資格などを統一ルールで蓄積・管理する「建設キャリアアップシステム」の本格運用に向けた官民の協議会が6月30日、始動した。第1回総会が東京・虎ノ門の建設業振興基金で開かれ、運用に伴う料金体系や基本方針などを検討することを決定。「運用ルール検討分科会」を設置し、技能者の登録料や事業者の利用料などを議論。17年中に運用ルールを固めることで一致した。=2面に関連記事
 システムは振興基金が運営する。本体開発・運用保守など開発関連5業務の委託先が決定し、18年4月から技能者・事業者の先行登録、同年10月の先行運用、19年度の本格運用が予定されている。
 始動したのは「建設キャリアアップシステム運営協議会」。システムの円滑、適正な運営と利用の促進を目的としており、国土交通省やシステムの趣旨に賛同した建設関係団体で構成する。総会の冒頭、谷脇暁国交省土地・建設産業局長は、「システムをどう作り上げるかと併せ、どう利用し、業界のプラスに持っていくか、しっかり議論して進めたい」と意欲を見せた。
 協議会の会長には谷脇局長が就いた。事務局は国交省と振興基金が務める。委員は谷脇会長、関係団体の代表が務め、特別委員やオブザーバーとして、厚生労働省、公共工事前払金保証事業会社などの担当者が加わる。
 運営委員会(委員長・木村実国交省建設市場整備課長)を置き、運用ルールの検討をはじめ本格運営に備えた環境整備を推進する。協議会は、17年度に計4回の総会を開き、運用ルール、基本方針、18年度事業計画を決める。料金などの細部は運用ルール検討分科会が詰める。
 分科会は関係団体の実務者で組織し、9月までに▽料金体系▽利用者の情報閲覧範囲▽違反へのペナルティー▽代行申請の制度設計、12月までに▽技能者の登録料▽事業者の登録料・利用料▽個人情報保護・利用規約-を固める。
 分科会は、収支への影響を踏まえつつ「利用しやすさ」を重視した料金を検討する。技能者の登録料の実費相当額のあり方、中小零細事業者への配慮などが焦点となる見通し。事業者の登録料・利用料を巡っては、業界全体としての負担の考え方の整理や、利用状況に応じた負担を求める意見などがあり、「集約は難航する」(関係団体幹部)との見方もある。
 本格運用に向け、国交省と振興基金は、システムの周知・普及活動に一段と力を入れる。関係団体と連携し、シンポジウムや説明会、登録窓口となる機関の研修、ゼネコンの安全大会での情報発信などに積極的に取り組む。国交省は、システムに蓄積されたデータを生かし、技能者や専門工事業者を評価したり、評価を賃金に反映させたりする基準、仕組みを検討していく。

(日刊建設工業新聞様より引用)