?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? キャリアアップシステム/運営主体は振興基金に/カード発行は1人3千円程度 | はいよ Hi-Yo!

キャリアアップシステム/運営主体は振興基金に/カード発行は1人3千円程度

 建設技能者の経験や能力を統一ルールで登録・蓄積する「建設キャリアアップシステム」の運営主体が、21日の官民コンソーシアム(座長・野城智也東大教授)で建設業振興基金(内田俊一理事長)に決まった。構築するシステムの要件も決定。来秋の運用開始に向け開発に着手する。1年目に約100万人、5年後に320万人と推定される全技能者の登録を目指す。1人3000円程度の負担で「キャリアアップカード」を交付する。
 技能者本人と所属する事業者の情報が登録されるシステムでは、現場入場時にカードリーダーでIDを付したカードを読み取ると、日単位での入場実績や従事した業務の立場などが就業履歴として蓄積される。
 技能者一人一人の就労実績や保有資格が統一的に蓄積されるシステムを利用すれば、技能や職歴に応じた賃金体系を設定できるようになる。国交省は将来、都道府県単位で職種別に公共工事設計労務単価をきめ細かく設定するのにシステムを活用していく考えだ。建設業退職金共済事業で手帳への証紙貼付状況のチェックも容易に行えるようになるとみる。
 複数の現場での技能者の就業状況を一元的に確認できるなど、事業者の管理も効率化でき、技能者の採用時に経験や資格取得状況を容易に確認できるといったメリットもある。技能経歴を顧客にPRできるなどの活用方策も考えられる。
 同日のコンソーシアムの会合では、4月に決定した基本計画書を踏まえ、システム本体の開発や保守などの業務を外部委託するための要件定義書を了承。これをベースに振興基金が業務を受託する企業を公募、選定する作業に入る。
 来年7月には申請受け付けの準備に着手。インターネット、郵送、窓口で申請を受け付けてカードを発行し、秋に現場単位でのシステム運用がスタートする。カードの有効期間は10年。登録基幹技能者にはゴールドカードを発行し、技能に応じた色分けを視野に国交省と厚生労働省で技能や資格の統一基準を検討する。
 事業者がシステムを利用する場合、事業者の規模に応じた登録料を5年に1度、利用料を毎年支払う。事業者と技能者本人が同意した範囲で技能者情報の閲覧が可能になる。
 15年8月に発足した官民コンソーシアムは21日の会合で終了。今後は国交省と振興基金を事務局に建設業キャリアアップシステム運営協議会(仮称)を設け、システムの運営方針を決める。振興基金内にはシステム運営の実務を担う建設キャリアアップシステム運営室(仮称)を設ける。
 会合で国交省の谷脇暁土地・建設産業局長は「建設産業を支えるシステムの一つになる。検討段階から実行段階にステップアップさせたい」とし、野城座長は、「システムの普及で技能者の処遇をはじめ業界の課題が解決されることを期待したい」と述べた。
 《システム構築に向けて調達する業務》
 〈1〉本体開発・運用保守・関連業務調整支援業務および入退場管理システム・安全管理システム・就業履歴登録システム連携認定業務
 〈2〉就業履歴登録機能開発業務
 〈3〉コールセンター・ヘルプデスク対応業務
 〈4〉申請・受付業務(運営主体業務も含む)
 〈5〉カード発行・送付業務。

(日刊建設工業新聞様より引用)