セブンイレブン、配送用EV導入開始 来夏までに首都圏25台

 セブン-イレブン・ジャパンは、18年夏までに東京、神奈川、埼玉、千葉のチルド共配センター8ヵ所に配送用電気自動車(EV)を導入する。古屋一樹社長は、「将来は約5700台の配送車の15%を環境配慮型に切り替えたい。これを機に一気に進めたい」...
(日本食糧新聞様より引用)