ビール苦味成分が認知機能に効果 キリンの健康技術研究所が発表

 キリンの健康技術研究所は、ホップ由来のビールの苦味成分が低下した認知機能を改善することを世界で初めて解明した。同成分がアルツハイマー病発症時の海馬の活動を改善するため。研究は東京大学、学習院大学と共同で行い、11月26日までに開催された「...
(日本食糧新聞様より引用)