ピックルスコーポレーション、生産体制を全国規模に 九州エリア強化

 漬物最大手のピックルスコーポレーションは、全国規模の生産体制を構築し、さらなる売上げ拡大を図る。18年3月をめどに九州の新工場を稼働させる計画で、これまで弱かった九州エリアの販売を強化する。宮本雅弘社長は5日、東京都内で18年2月期第2四...
(日本食糧新聞様より引用)