ユアテック/関東圏の施工体制強化/保守・メンテ専門会社設立へ、7月から業務

 ユアテックは、関東圏での電気設備・空調管設備工事の施工体制を強化するため、100%出資の関連会社「ユアテック関東サービス」(仮称)を設立する。本社は埼玉県川口市に置き、社長には同社東京本部設備技術部長を務める築井康之氏が就任。建設業許可などの準備を経て7月1日から業務を開始する。
 資本金は6000万円。設立初年度の人員は、同社からの出向者を含む22人。業務は、同社がこれまで関東一円で手掛けた大型商業施設やオフィスビルなどの保守・メンテナンスを専門に担当する。新会社はユアテックと連携を図りながら新築から保守メンテナンスまで一貫した施工体制を確立し、設立3年後には単年度の黒字化を目指す。
 ユアテックの関連会社設立は、海外の1社を含めて15社目。関東圏では初めてとなる。

(日刊建設工業新聞様より引用)