レッドウッド南港ディストリビューションセンター1完成

 ESR(イーエスアール、旧レッドウッド・グループ・ジャパン)が、大阪市住之江区の南港中地区で建設を進めていたマルチテナント型の大型物流施設「レッドウッド南港ディストリビューションセンター1」がこのほど、待望の竣工を迎えた。阪神高速湾岸線南港北出入口に近く、梅田や難波など大阪都心部へも10km圏内という立地。延べ床面積は約12万5000m2と大阪臨海エリアにある物流施設の中でも有数の規模だ。設計・施工は前田建設が担当。創意工夫しながら施主と施工者、協力会社が一体となって工事を展開し、わずか13カ月で高品質・高精度の建物を完成させた。

【建築概要】
■工事名称:レッドウッド南港ディストリビューションセンター1新築工事
■工事場所:大阪市住之江区南港中1丁目9―1
■発注者:ESR(イーエスアール)株式会社(旧・レッドウッド・グループ・ジャパン株式会社)
■用途地域:準工業地域
■設計:前田建設工業株式会社、一級建築士事務所タカトタマガミデザイン〈エントランスホール・KLUBBエリア〉
■監理:前田建設工業株式会社
■施工:前田建設工業株式会社
■工期:2015年11月1日~2016年11月30日
■用途:倉庫業を営む倉庫
■構造:鉄骨造(地上)、RC造(基礎)
■階数:地上4階
■基礎地業:杭基礎
■敷地面積:57,051m2
■建築面積:33,026m2
■延床面積:125,632m2
■最高高さ:28.8m

(様より引用)