九電4~6月期、熊本地震で特損も黒字確保 社長、原発の安全強調 – 日本経済新聞


九電4~6月期、熊本地震で特損も黒字確保 社長、原発の安全強調
日本経済新聞
九州電力が29日発表した2016年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比15%増の216億円だった。全国で唯一稼働する川内原子力発電所(鹿児島県)で採算が改善。熊本地震による鉄塔損壊などで特別損失を100億円計上したが黒字を確保した。鹿児島県の三反園 ...

and more »
(熊本 - Google News様より引用)