今夏の酒類市場、新ジャンルも高アル増加 サッポロが最高度数9%を投入

 今夏はビール系新ジャンルでも、7%から9%といった高アルコール度数のストロング系商品が市場をにぎわすもようだ。RTDではここ数年、1缶で酔えるコストパフォーマンスの高さを理由に好調を続け、市場拡大をけん引する高アル商品。メーカー各社には昨...
(日本食糧新聞様より引用)