仮設生活は19年度末に解消 – 公明新聞


仮設生活は19年度末に解消
公明新聞
熊本県は3日、熊本地震からの復旧・復興プランをまとめ、2019年度末までに被災者が仮設住宅で生活する状況を解消するとの目標を掲げた。 蒲島郁夫知事は同日の記者会見で「復興を成し遂げるため、(自分に)与えられた4年の任期にこだわって策定した」と語った。
熊本復興プラン 九州の力で後押ししよう西日本新聞
熊本県、生活再建や産業再生へプラン日本経済新聞
仮設住宅「遅くとも4年で解消」 熊本県復興プラン、弾力的対応を明記産経ニュース
毎日新聞
all 16 news articles »
(熊本 - Google News様より引用)