???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 佐藤渡辺・上河忍社長/就労環境改善に全力/技術開発は補修がテーマ | はいよ Hi-Yo!

佐藤渡辺・上河忍社長/就労環境改善に全力/技術開発は補修がテーマ

 佐藤渡辺の上河忍社長は、日刊建設工業新聞社の取材に応じ、今後の経営方針を明らかにした。労働環境の改善を最大の経営課題と捉え、省力化につながる業務改善の必要性を強調。技術開発については「インフラ整備は補修の時代に入っており、それに対応する技術革新が必要」と話し、既存技術の改良と新技術の開発の両面から補修技術の向上に取り組む方針を示した。
 少子高齢化、人口減少の進展による担い手確保が業界全体の課題となる中、同社でも若年者の入職が減少している。同社は昨年、従来は2カ月だった新入社員の研修期間を1年間に延長。内勤と外勤を繰り返すことで徐々に現場作業に慣れさせる研修方法に変えた。これが若年者の定着率向上につながっているという。
 さらに今年は「業界各社が本気で取り組まなければ良くならない。改善ではなく、改革していかなければ変わらない」との思いから、4月に工事本部長を委員長とする労働改善委員会を設置。「社員の勤務実態を調査し、円滑な休日取得や残業時間の削減に向け、それぞれの部署に合った対応策を実行する」と労働環境改善に本腰を入れている。
 こうした現状を踏まえ、技術面でも省力化がメインテーマになる。道路舗装業界は建設業界の中でも省力化が進んでいるが、上河社長は「今の技術開発の方向性はコストダウンに比重がかかっている。若干コストは上がるかもしれないが『工期を短縮する』『休みを取る』ということに価値を見いだす流れになれば、まだまだ省力化する余地はある」と指摘。施工機械の自動化や3次元技術などの導入を進める考えを示した。
 もう一つの技術開発のテーマに挙げるのが補修技術。トンネル内舗装の補修材料として同社が開発した明色高耐久型石油樹脂系混合物「セラホワイト」は、東北地方で行っている施工後の追跡調査で高い品質が認められ、長野県での受注につながったという。上河社長はこうした経験を踏まえ、「新技術の開発と既存技術の見直し、改良を合わせて補修の時代に備える」と話した。
 11月に開いた業務改善発表会では、社長賞を受賞した町田合材工場の「月末の事務処理の見直し」をはじめ、社員からも労務環境改善に向けた提案が出た。上河社長は「技術、営業、事務の各サイドが本気で取り組んでくれているのを肌で感じた。どんなに厳しくても存続していける企業、魅力ある企業を社員一人一人と作り上げていきたい」と強い決意を示した。

(日刊建設工業新聞様より引用)