佐藤総合計画JV/中国で水複合開発の設計受注/水族館に世界初の水槽エレベータ導入

 佐藤総合計画・乃村工芸社JVが、中国広東省の深〓(土へんに川)市で計画中の水族館や研究施設、リゾートホテルなどの基本・実施設計を包括受注した。世界の有力設計事務所ら70者(50JV)が参加する国際コンペを勝ち抜き、最優秀に選ばれた。同市の観光産業をリードする総延べ面積13万1495m2の巨大複合開発事業。水族館には来館者が海中を漂っているかのような感覚を味わえる世界初のドーナツ型水槽エレベーターを導入する。
 経済特区に指定されている深〓(土へんに川)市の小梅沙地区に水族館(S・RC造地下1階地上5階建て延べ5万0750m2)や海洋研究施設、ホテル、観光情報施設などを建設する。佐藤総合計画JVは基本・実施設計と設計監理を担当。9月までに基本設計を終える。
 事業主体の深〓(土へんに川)経済特区開発グループが主催した国際コンペの最終審査には、英ザハ・ハディド・アーキテクツと米リーサーアーキテクチャーも残った。佐藤総合計画JVは、南シナ海の海流をイメージしたらせん形状の水族館や全室海側向きのホテルなど、外観の美しさと最新機能を兼ね備える五つの施設を提案し、最優秀を勝ち取った。

(日刊建設工業新聞様より引用)