???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 全建傘下の都道府県建協/公共機関と災害協定締結進む/9協会が新規に締結・追加 | はいよ Hi-Yo!

全建傘下の都道府県建協/公共機関と災害協定締結進む/9協会が新規に締結・追加

 全国建設業協会(全建)傘下の都道府県建設業協会と公共機関との災害協定の締結が進んでいる。全建の集計によると、16年6月から17年6月までの間に、9協会が災害時の応急対策や被災した建物の撤去、災害廃棄物処理に関する協定などを新たに結んだ。7月に発生した九州北部豪雨では大分県建設業協会が自治体との協定に基づく緊急対応を行った。自然災害が激甚化する中、今後も各地で協定の整備が続きそうだ。
 16年6月以降に協定を締結・追加したのは、▽宮城▽神奈川▽山梨▽愛知▽滋賀▽山口▽徳島▽福岡▽佐賀-の9県の建設業協会。
 宮城は東日本高速道路東北支社仙台管理事務所と震災などが発生した際の応急復旧に関する確認書を交わした。神奈川は大規模な地震などで被災した建物の解体・撤去について県と新たな協定を結んだ。山梨は建築物を対象にした応急対策を県との協定に追加。愛知は県との協定に災害廃棄物処理を加えた。
 滋賀は水資源機構琵琶湖開発総合管理所、県とそれぞれ、琵琶湖開発施設の応急対策支援、家畜伝染病発生時の防疫対応の協定を結んだ。防疫対応に関する協定は山口、佐賀の両協会もそれぞれ県と結んだ。徳島は、南海トラフ地震への備えを目的とした道路啓開に関する3者協定を国土交通省四国地方整備局、県と締結した。
 「災害協定があり、インフラの日常的な維持管理を超える緊急対応を速やかに行えた」。大分県建設業協会の担当者は、7月5日からの大雨で甚大な被害が生じた九州北部豪雨の復旧活動をそう振り返る。大量に押し寄せた流木の撤去をはじめ、県、市との業務契約には含まれていない緊急作業を行う必要があったためだ。大分建協は県の土木建築部と08年9月に総括的な災害協定を締結。協会の各支部がそれぞれ、県の土木事務所や自治体と協定を交わしており、「協定に基づく要請に対し、柔軟に動けた」という。
 全建会員の地域建設業者は、地域のインフラの整備・維持管理に加えて災害対応の役割を担っている。全建によると、防災に関する計画の作成、実施を担う災害対策基本法に基づく「指定地方公共機関」に山口、大分の両協会が新たに県知事から指定され、指定済みの協会は18協会となった。このうち13協会は同法による都道府県防災会議の委員も務めている。
 避けられない自然災害の被害を減らす「減災」と同時に、発生した災害に速やかに対処する「応災」の重要性が高まっており、全建傘下の各協会は非常時を想定した環境整備をさらに推進していく方針だ。

(日刊建設工業新聞様より引用)