???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 全建/最低制限価格・低入調査制度運用状況調査結果/複数団体が中央公契連モデル以上 | はいよ Hi-Yo!

全建/最低制限価格・低入調査制度運用状況調査結果/複数団体が中央公契連モデル以上

 全国建設業協会(全建)は、公共工事入札の最低制限価格制度と低入札価格調査制度について、都道府県、政令指定都市、県庁所在市を対象に行った運用状況調査の結果をまとめた。3月に改正された中央公共工事契約制度運用連絡協議会(中央公契連)モデルを上回る算定式を導入していたのが最低制限価格で10団体、低入調査で8団体あり、「受注者を大事にする団体が増えている」と受け止めている。
 調査は6月1日時点で行った。3月に改正された最新の中央公契連モデルでは、労務費の算入率を1・0(従来0・95)に引き上げたことで、労務費、機械経費、材料費で構成する直接工事費の算入率が0・97(0・95)に変更された。
 調査結果によると、この最新モデルに準拠した算入率を適用していたのは、最低制限価格が都道府県19団体、政令市・県庁所在市10団体、低入調査が都道府県24団体、政令市・県庁所在市7団体だった。
 これとは別に、中央公契連モデルの算入率(直接工事費0・97、共通仮設費0・9、現場管理費0・9、一般管理費0・55)を上回る算入率を適用していたり、算定結果が同モデルを上回ったりする独自の取り組みを行っている団体が、最低制限価格で5県(青森、新潟、三重、福井、宮崎)、5政令市・県庁所在市(札幌、横浜、川崎、相模原、鳥取)、低入調査で4県(山形、新潟、三重、福井)、4政令市・県庁所在市(札幌、横浜、川崎、相模原)あった。
 都道府県では、両制度とも中央公契連モデルに準拠またはそれ以上の算入率を運用する団体が半数を超えた。調査では3月の改正前のモデルを運用している団体を確認したが、一部は今後、最新モデルまたはそれ以上の算入率を適用する見通しという。
 最新モデルまたはそれ以上の算入率を運用する団体が多いとの結果について、全建は受注者の適正利潤確保をうたった改正公共工事品質確保促進法(公共工事品確法)の効果と受け止めている。
 中央公契連モデルの算入率による算定価格は、財政当局との協議で定められた運用上の上限(予定価格の90%)に達している。全建傘下の各建設業協会には、担い手確保・育成などの観点から、落札率の押し上げにつながる上限の引き上げや撤廃を求める意見が根強い。最新モデルを上回る算入率を設定した自治体や上限を設けていない自治体もあり、上限の見直しを求める声が今後、一段と高まりそうだ。

(日刊建設工業新聞様より引用)