北米産すり身、秋漁期値上げも 国内環境厳しさ増す

 北米産スケソウダラの秋漁期(Bシーズン)が10日スタートした。水産練り製品に用いる冷凍すり身原料の値決めは、例年だと8月中旬ごろ。現時点で相場形成の行方は不透明だ。先立つ春漁(Aシーズン)すり身では交渉が長期化し、例年より2ヵ月程度遅れて...
(日本食糧新聞様より引用)