味の素社の飛躍目標 達成は1年先送り

 味の素社は、グローバル食品企業トップ10クラス入りへ飛躍する3ヵ年の「2017-2019(フォー2020)中期経営計画」の目標達成を1年先送りした。国際財務報告基準(IFRS)適用に伴い同社が独自に定めた事業利益(売上高から売上原価と販管...
(日本食糧新聞様より引用)