回転窓/どうぞダウンロードを

 今冬最強の寒波の襲来で記録的な降雪になった地域が多かった。各地で除雪作業を請け負っている建設会社も奮闘した▼除雪作業は交通に支障が出ないよう夜間に行われるのが一般的。吹雪の翌朝に除雪を終えていることも。荒天であるほど作業の様子が一般の人の目には留まりにくい▼災害情報を一般に提供しながら建設会社が活躍する姿も発信しようと、群馬県建設業協会は災害情報共有システム「ぐんケン見張るくん」を運用中。ツイッターを利用し、崖崩れが発生した場所や会員企業による復旧の様子などを紹介。この時期は除雪作業も数多くアップしている▼インターネット交流サイトを利用して企業や団体が情報を発信する活動は活発化しているが、建設業界ではまだ少ないのが実情。群馬建協のように数少ない運営主体には災害時に報道機関からも問い合わせが殺到する▼「どうぞダウンロードして下さい」。群馬建協のサイト管理者は写真の提供依頼に快く応じている。こうした姿勢は建設業を身近に感じてもらい、工事だけではない役割の理解につながるだろう。情報がより多くの人に伝わるよう期待したい。

(日刊建設工業新聞様より引用)