回転窓/8000年前のワイン

 フランス・ボージョレ地区の赤ワインの新酒、ボージョレ・ヌーボーの販売が先週16日に解禁された。夜中にお祭り騒ぎが繰り広げられた一時のブームも去り、輸入量は全盛期の半分とか▼最近のお酒の種類の多さは尋常ではない。飲み屋でも店の売り場でも目移りするほど。ボージョレの輸入販売各社も何とか目を向けてもらおうと宣伝に励んでいるようだが、週末に行ったスーパーでも売り場に人影はまばらだった▼先日、約8000年前にワインが造られていた痕跡がジョージア(旧グルジア)で発見されたと外電が伝えていた。従来の定説より約1000年さかのぼる世界最古のワイン醸造の証拠だそうである。遺跡で見つかったつぼにはブドウを模した装飾があったという▼つぼの主は、何をつまみにワインを味わっていたのだろう。あるいは薬か。つい羽目を外して二日酔いをすることは…。あれこれと想像を巡らせた。何しろ8000年前。お酒が今とは比べものにならないほど貴重品であったことは間違いないだろう▼そろそろ酒席が増える季節である。がぶ飲みはよして、おいしいお酒をじっくり味わいたい。

(日刊建設工業新聞様より引用)