???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国交省推進委/CIM導入、16年度内にロードマップ提示/指針・基準類も整備 | はいよ Hi-Yo!

国交省推進委/CIM導入、16年度内にロードマップ提示/指針・基準類も整備

 国土交通省は11月30日、産官学による「CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)導入推進委員会」(委員長・矢吹信喜阪大大学院教授)の第2回会合を省内で開き、16年度下期の重点検討項目を決めた。CIM導入に必要な基準類の整備のほか、CIM活用の将来像などを示した「CIM導入ロードマップ」を提示。その実現に向け、17年度からの実施方針を策定する。
 同委員会では、▽CIM導入ガイドライン策定▽要領基準改定▽現地での検証-の三つのワーキンググループ(WG)が具体的な検討を進めている。同日の会合で3WGの検討状況について中間報告が行われた。
 ガイドライン策定WGは土工、河川、ダム、橋梁、トンネルの5分野を対象に検討。「共通編」と「各分野編」で構成し、利用者(発注者、受注者など)が各編を組み合わせて使用する。共通編はCIMの目的や各分野共通の測量、地質・土質のモデルの考え方を示す。一方、各分野編は工種に応じて測量や調査・設計、施工、維持管理の各段階で受発注者それぞれが取り組むべき内容を示す。
 ガイドライン素案による試行業務・工事を通じて受発注者双方の意見を収集。今後の検討に生かし、年度内に整備する。17年度以降、ガイドラインに基づきCIMを現場に導入して効果を検証する。
 ガイドラインについて委員からは「今後の市町村へのCIM展開も考慮し、地元の建設会社でも取り組み可能な活用事例など、できるだけ分かりやすく記載する工夫もお願いしたい」などの要望が出た。
 要領基準改定WGは、▽CIM活用に関する実施方針▽工事契約図書への3次元モデルの活用▽土木工事数量算出要領▽電子納品に関する規定▽出来形管理監督検査関係の基準(5種類)▽工事成績評定要領-の6項目を検討。現地検証の結果、関係各課・業界団体などの意見照会とともに、入札契約制度や国際基準化の検討状況も踏まえ、年度内にCIM導入に必要な基準類を整備する。
 同委員会では今後、CIM活用の将来像や段階的な導入、発展プロセスなどの考え方を議論し、CIM導入ロードマップとして提示する。17年度からのCIM活用に関する実施方針も策定する。ガイドラインで検討対象としている5分野にCIMを導入。調査・設計段階から施工、維持管理の各プロセスで3次元モデルの導入・推進を図る。

(日刊建設工業新聞様より引用)