???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国交省/品確法運用指針で統一指標設定/発注事務改善へ5項目、自己評価で状況把握 | はいよ Hi-Yo!

国交省/品確法運用指針で統一指標設定/発注事務改善へ5項目、自己評価で状況把握

 国土交通省は改正公共工事品質確保促進法(公共工事品確法)運用指針に関する全国統一指標を固めた。運用指針のうち3項目を対象に5指標を設定。各発注機関が指標に基づき自身の現状を客観的・相対的に把握し、発注関係事務の改善につなげてもらう。各ブロックの地域発注者協議会に16年度内の指標決定と、17年度第1四半期中の指標値の公表を要請した。
 統一指標の設定は、運用指針が示す「発注者間の連携体制の構築」の一環。全国的に発注関係事務の一層の改善に向け、各発注者が客観的に状況を把握できる統一指標を設ける。国交省は8月に案を地域発注者協議会に提示。意見などを踏まえて指標をまとめた。
 指標は運用指針のうち「適正な予定価格の設定」「適切な設計変更」「発注・施工時期の平準化」の3項目で五つ。予定価格の適正設定では、最新の積算基準の適用状況などを評価軸にする指標と、資機材単価の更新頻度で見る指標の2種類。1年以内に更新されている積算基準の適用や、小規模施工など基準対象外向けの積算要領の整備・運用の状況に応じた3分類を設定する。単価の更新頻度は5段階で評価する。
 設計変更は、改正品確法を踏まえた設計変更ガイドラインの策定・活用状況と、設計変更の実施工事率の2指標とする。ガイドラインは国交、財務、総務の3省による公共工事入札契約適正化法(入契法)に基づく実施状況調査を活用し、「ガイドラインを策定・活用し、これに基づき設計変更を実施」など3分類で評価する。
 実施工事率は単一年度に完了した工事(契約金額500万円以上の工事)のうち、設計変更を行った工事(積算変更を含む)の比率と定義。比率に応じた5段階で評価する。
 平準化は単一年度のうち閑散期(4~6月)の工事件数などの割合で見る「平準化率」を採用。契約金額500万円以上の工事を対象に、4~6月の平均稼働件数・金額を年度の平均稼働件数・金額で割った値と定義した。比率が1に近づくほど年度と閑散期の差が小さくなり平準化が進んでいると判断できる。
 実施工事率と平準化率は、日本建設情報総合センター(JACIC)のコリンズ・テクリス(工事・業務実績情報システム)のデータを利用。指標分類は素案の位置付けで、指標値を基に再設定する可能性がある。
 指標を活用して各発注者が自主評価の結果を分析・公表し、相対的な状況把握に役立てる。発注者の体制などに応じた目安となる水準を示し、各発注者が目標を設定して発注関係事務の改善につなげる。
 国交省は10月31日付で指標を地域発注者協議会に送付した。指標やその取り扱いを年度内にすべての地域発注者協議会で決定。17年度第1四半期をめどに指標値を公表して全国的に集計し、今後の発注関係事務の支援・連携に向けた基礎資料にする予定だ。
 《全国統一の指標》
 【適正な予定価格の設定】
 △最新の積算基準の適用状況および基準対象外の際の対応状況(見積もりなどの活用)=「最新積算基準の適用、基準対象外の要領(基準以外に一定のルールを定めている場合を含む)の整備・活用」「最新の積算基準適用、基準対象外要領の未整備」「その他」
 △単価の更新頻度=「最新単価(1カ月以上経過したものでも最新であれば該当)」「3カ月以内」「6カ月以内」「12カ月以内」「それ以上」
 【適切な設計変更】
 △改正品確法を踏まえた設計変更ガイドラインの策定・活用状況=「策定・活用し、これに基づき設計変更実施」「未策定だが必要に応じて設計変更実施」「設計変更を実施していない」
 △設計変更の実施工事率(年度の完了工事のうち設計変更した工事の比率)=「75%以上」「50~75%」「25~50%」「0~25%」「設計変更を行っていない」
 【施工時期などの平準化】
 △平準化率(年度の平均稼働件数・金額と4~6月の平均稼働件数・金額との比率)=「0.9以上」「0.9~0.8」「0.8~0.7」「0.7~0.6」「0.6以下」。

(日刊建設工業新聞様より引用)