???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国交省/土木工事の工期設定支援システム作成/工種ごとに自動集計、試行運用へ | はいよ Hi-Yo!

国交省/土木工事の工期設定支援システム作成/工種ごとに自動集計、試行運用へ

 国土交通省は、土木工事を対象にした「工期設定支援システム」を作成した。工種ごとの数量に応じた日数を自動集計するとともに、積算担当者が施工手順を設定すると、工事に必要な工期日数を算出。過去の事例を基に設定した工種別の工事費と工期に関する算定式で出した日数と比較し、工期の妥当性を確認する仕組み。これから入札公告する直轄工事を対象に試行運用を開始。状況を見ながら改善を加え、より適切な工期設定につなげる考えだ。
 改正公共工事品質確保促進法(公共工事品確法)の運用指針には、適切な工期設定や適正な予定価格の設定などが発注者の責務として明記されている。国交省は、積算上の工期について、工種や工事規模ごとに過去の類似実績に基づいて算出し、現場状況や休暇なども考慮しながら適切に設定するよう努めているが、業界側からは「実態と乖離(かいり)している」との指摘も少なくない。
 国交省は適切な工期設定に向けた取り組みの一環として、必要な工期日数を算出して工事工程表の作成を支援するシステムの試行運用を始める。対象は、河川工事や道路改良工事、砂防・地すべり工事などの一般土木。ダムやトンネルなど個別に詳細な施工計画を作成する工事は対象外となっている。
 算出する工期は、週休2日や年末年始休暇、1日8時間作業などが前提条件。雨休率なども考慮されている。
 工期設定支援システムはまず、数量総括表など積算関連のシステムと連動して、準備工や河川土工、のり覆い護岸工、仮設工、後片付け工といった工種ごとの数量に対する必要日数を自動集計。積算担当者が工程に応じて施工手順を設定することによって、工事に必要な工期日数が算出される。
 算出した工期の妥当性を確認するため、過去の事例を踏まえ、直接工事費と工期の関係性に基づく工期試算式も設定。システムで算出した日数と、試算式で算出した日数との比較検証に用いる。
 すべての地方整備局が、これから入札公告する直轄工事に新システムを適用する。設定した工期と実際の工期との違いなどを検証しながら、システムの精度をより高めていく考えだ。

(日刊建設工業新聞様より引用)