???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国交省/土木詳細設計のCIM照査、17年度下期に試行/標準的な履行期間設定も | はいよ Hi-Yo!

国交省/土木詳細設計のCIM照査、17年度下期に試行/標準的な履行期間設定も

 国土交通省は土木構造物の詳細設計業務で、成果品の品質確保の取り組みを強化する。CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)モデルを活用した効率的な照査方法を検討し、17年度下期以降に試行。詳細設計業務の受注者に対し、照査の実施状況などに関する調査も行う。設計エラーの削減を目的に、標準的な履行期間の設定に向けた試行も実施する。=2面に関連記事
 これらの取り組み方針は「調査・設計等分野における品質確保に関する懇談会」(座長・小澤一雅東大大学院教授)に報告した。
 国交省は、直轄の業務・工事で3次元(3D)データを活用するCIMモデル試行事業を推進。これまでの取り組みで、鉄筋同士の干渉を自動判別するなど照査の効率化が図られているという。確実な照査を実施するため、従来は2次元(2D)図面で照査してきた項目について、3Dモデルを用いた照査方法を検討し、17年度下期以降に試行。CIMモデルを活用した効率的な照査方法をまとめる。
 8日に開かれた懇談会で、全国地質調査業協会連合会の成田賢会長は「上部構造物と地盤との関係を3D化し、現場条件や取り合いなどが検討できる仕組みを今秋にも提案する」と表明。建設コンサルタンツ協会の野崎秀則常任理事は、単純ミスを軽減するため「図面や数量を自動でチェックできるようなシステムを検討したい」との考えを示した。これを受け、国交省の石原康弘官房技術調査課長は「可能であれば共同開発していきたい」と応じた。
 3者会議(発注者・設計者・施工者)で確認された修正内容と、設計業務の照査実施状況との関係性を分析するため、詳細設計業務の受注者に対する調査を実施する。対象は17年度中に3者会議を実施する詳細設計業務のすべての受注者。「設計業務の照査の体制・項目・方法・期間」「照査技術者の経験年数、照査実施時の手持ち照査業務件数」などを調べる。
 国交省は土木設計業務の発注で、標準的な履行期間の設定・試行にも取り組む。詳細設計業務を対象に、▽条件確定▽報告書作成まで▽成果照査-の3期間を合算して履行期間を設定する方法を検討する。
 試行版では、条件確定期間については業務着手や現地踏査、図面作成着手前などの段階ごとに確定すべき項目を精査した上で期間を設定。報告書作成までの期間は必要な期間を業務価格ごと・工種ごとに設定し、成果照査期間は発注規模・価格を問わず現状の「20日」で設定することを想定している。一律の適用が妥当ではない場合についても検討する。次回の懇談会で試行版を審議し、実施に移す。

(日刊建設工業新聞様より引用)