???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国交省/地籍整備加速へ効率化/20年国会で法改正、官民境界調査も可能に | はいよ Hi-Yo!

国交省/地籍整備加速へ効率化/20年国会で法改正、官民境界調査も可能に

 国土交通省は21日、インフラ整備や都市開発の促進策として、正確な土地境界情報を示す地籍の整備を加速させる対策作りを始めた。現在は土地一筆ごとに行っている調査や測量の方法を効率化し、新たに道路とまとまった民地の境界単位でも行えるようにする。今後、現在の方法を定める法律の改正を経て、2020年度から新しい対策を踏まえた地籍整備の作業を本格化させる。
 対策作りは、有識者会議の「中長期的な地籍整備の推進に関する検討会」(座長・清水英範東大大学院教授)が進める。同日の初会合であいさつした国交省の谷脇暁土地・建設産業局長は、インフラ整備などに加え頻発する災害の応急復旧や山村部の人口の高齢化も念頭に、「土地境界情報を整備する必要性が高まっている」と強調した。
 国交省によると、地籍調査は原則として市町村を中心とする地方自治体が担当する。まず住民への説明会を経て、土地一筆ごとに所有者の立ち会いを条件に境界を確認。次いで民間に外注するケースが多い測量を行い、最終的に地籍図や地籍簿として公開する。現在はこれらの作業に1平方キロメートル当たり3年程度かかる。
 今後、有識者会議では地籍調査にかかる時間やコストを少しでも縮減できる対策を制度・技術両面で検討する。
 現時点で国交省は、主に都市部での作業の効率化を念頭に、土地一筆ごとに行っている調査や測量の方法に加え、新たに地域全体で公共機関が所有する道路と住宅などのまとまった民地の境界単位でも行えるようにする。
 主に山村部での作業の効率化を念頭に、急峻(きゅうしゅん)な土地などリスクの高い場所では最初の土地境界確認で所有者の立ち会いを不要にする方向。その後の測量も、衛星写真や航空写真などを使えるようにして簡素化する方向だ。
 国交省は法律の改正案を20年の通常国会に提出し、20年度に始まる国土調査事業十カ年計画に反映させる。
 地籍が整備されているのは、16年度末時点で都市部では24%の2976平方キロメートル、山村部では45%の8万2332平方キロメートルにとどまる。

(日刊建設工業新聞様より引用)