???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国交省/機械式鉄筋継ぎ手工法で指針/i-Conの一環、設計・施工の留意事項整理 | はいよ Hi-Yo!

国交省/機械式鉄筋継ぎ手工法で指針/i-Conの一環、設計・施工の留意事項整理

 国土交通省が建設現場の生産性向上策i-Construction推進の一環で設けた有識者委員会は、現場打ちコンクリート構造物に適用する「機械式鉄筋継ぎ手工法」のガイドラインを整備した。種類が多い同工法のうち、公的機関などの技術的確認を受けた工法を対象に、標準的な使用方法や設計・施工の留意事項を整理した。同省は地方整備局などに送付し、工法の技術的指針として役立ててもらう。
 国交省が設置した有識者会議「コンクリート生産性向上検討協議会」(委員長・前川宏一東大大学院教授)の下に置いた「機械式鉄筋継手工法技術検討委員会」(委員長・久田真東北大大学院教授、事務局・日本建設業連合会)がガイドラインを取りまとめた。
 同工法は、鉄筋の端部にカプラーやスリーブなどを取り付けて機械的に接続するのが特徴。モルタル充てん継ぎ手、ねじふし鉄筋継ぎ手、スリーブ圧着ネジ継ぎ手、摩擦圧接ネジ継ぎ手など多くの種類がある。難易度の高い継ぎ手作業が改善されるとともに、鉄筋工事の効率化や生産性向上による工程短縮効果が期待できるという。
 指針では同工法の適用範囲について「軸方向鉄筋」を基本に設定し、塑性化を考慮する領域への適用や一断面に集めて配置する場合についての検討事項を整理した。いずれも公的機関などによる技術的な確認を受け、証明書が交付された工法を対象とする。
 同工法を使用する場合、鉄筋の継ぎ手を除くかぶりやあきといった構造細目については、通常の継ぎ手を用いる場合と同様、設計対象とする鉄筋コンクリート構造物が準拠する設計基準で示された事項に従う。使用する継ぎ手の種類は、適用する鉄筋コンクリート部材の設計基準の範囲にあることを確認しなければならないとした。
 設計図書には、継ぎ手の使用位置や等級などを明示。継ぎ手の寸法や形状、材質など必要な情報を参考図などに示し、継ぎ手の配置方法はかぶりやあきの詳細図などに特記するとした。施工、検査、記録の留意点も明記している。
 16年度に国交省が位置付けたi-Constructionのトップランナー3施策の一つ「全体最適の導入(コンクリート工の規格の標準化)」の第3弾のガイドラインとなる。17年度は、▽プレキャストの適用範囲の拡大▽鉄筋のプレハブ化▽埋設型枠-の三つのガイドラインを整備する予定だ。

(日刊建設工業新聞様より引用)