?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国交省/現行耐震基準を継続/熊本地震受け方針、旧ストックは建替・改修 | はいよ Hi-Yo!

国交省/現行耐震基準を継続/熊本地震受け方針、旧ストックは建替・改修

 国土交通省は5日、熊本地震で建築物に発生した被害を踏まえ、全国で推進する対策の実施方針を発表した。1981年6月に導入された建築基準法の現行耐震基準が倒壊防止に有効だったと評価。引き続き現行基準に基づいて耐震性能の確保を目指す。木造住宅を念頭に、81年6月以前に建てられた旧基準のストックは建て替えや耐震改修を促進。柱や梁などの接合部の規定が強化された2000年6月以前に建てられたストックは接合部の対策を進める。
 対策実施方針は、同日開かれた社会資本整備審議会(社整審、国交相の諮問機関)建築分科会の建築物等事故・災害対策部会で報告された。
 主に木造住宅を対象とした旧耐震基準のストックの建て替えや耐震改修は、現行の建設費補助事業や、16年度第2次補正予算案で拡充を目指す耐震診断費補助事業の活用などを通じ促進する。
 00年6月以前に建てられたストックの接合部の対策は、耐震診断のルールで建築物全体としている確認対象箇所を16年度末までに接合部に絞って加速させる。
 主に体育館やホールに設置されているつり天井の耐震改修も促進。改修費への補助単価を現在の1平方メートル当たり3万円から倍程度に引き上げる。17年度の予算概算要求でこれに必要な経費を計上している。
 災害時に避難住民の受け入れ拠点となる庁舎や公民館などの施設管理者に対し、受け入れ拠点としての機能を継続できるようにするための対策を整理したガイドラインを17年度末までに作る。引き続き住宅性能表示制度の普及に向けた広報活動も推進し、消費者に高い耐震性能の住宅の購入を促す。
 当初、今回の対策実施方針の検討で焦点となっていた告示で地域別に定める設計震度の補正(割引)係数「地震地域係数」の見直しは、熊本地震で係数の大小が要因となって倒壊するような被害は確認されなかったとして、中長期的な検討課題に位置付けた。
 対策実施方針の内容は、熊本地震の建築物被害の原因究明を行ってきた国交省の有識者委員会が9月30日にまとめた最終報告の内容をほぼすべて反映させた。

(日刊建設工業新聞様より引用)