???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国交省/発注者のあり方、4視点から議論/検討部会が初会合、17年秋に骨子まとめ | はいよ Hi-Yo!

国交省/発注者のあり方、4視点から議論/検討部会が初会合、17年秋に骨子まとめ

 国土交通省は今後の発注者のあり方に関する基本問題の検討を開始した。有識者でつくる部会の初会合を22日に開き、▽企業評価・技術者評価▽入札契約方式▽監督・検査▽建設生産・管理システム全般-の4事項について論点を提示した。今後、関係団体へのヒアリングを経て、8月以降に開く次回会合で各課題に対する方向性を議論。10月ごろに骨子をまとめる。
 「発注者責任を果たすための今後の建設生産・管理システムのあり方に関する懇談会」(座長・小澤一雅東大大学院教授)の下に、「今後の発注者のあり方に関する基本問題検討部会」(小澤部会長)を新設した。8人の有識者委員に専門的見地から集中的・包括的に議論してもらう。成果を同懇談会に報告した上で、個々の具体的な制度設計については、内容に応じて「総合評価方式の活用・改善等による品質確保に関する懇談会」などでも議論を深める。
 検討部会の初会合で国交省は、公共事業を取り巻く現状を踏まえた建設生産・管理システムの課題などを説明。資格審査、入札・契約、工事施工・評価の各段階と、システム全般に関する論点をそれぞれ提示した。
 企業評価・技術者評価では、企業や技術者が良い仕事を行うインセンティブがある仕組みになっているのかと問題を提起。競争参加資格審査で上位等級への昇級インセンティブが低下しているとの指摘があるのを受け、技術力の向上や工事品質の確保の観点からの改善を提案した。
 委員からは「ランク制(等級区分)は指名競争入札時代の仕組みであり、一般競争の時代には無理がある。ランク数を減らすとともに、上位や下位のランクに参加しやくするようランク間の壁を薄くする方向で検討すべきだ」「壁を薄くした時の市場のリアクションを分析する視点も必要」などの意見が出た。
 地域の中小企業が将来にわたって「地域の守り手」の役割を担えるようにする仕組みも論点の一つ。災害復旧やインフラの維持管理など工事の特性や状況に応じた多様な入札契約制度が準備され、実施できる環境となっているかとの問題意識を示した。
 特に維持管理分野は入札参加者が極めて少なく、不調・不落リスクが大きいのが実態。委員からは「市場が成り立っておらず、競争環境の構築が難しい」との指摘が出たほか、「地域の建設会社に日常の維持管理を担ってもらうための新しい制度も検討してみてはどうか」「維持管理分野は地域に1者であることを前提に仕組みを考えるべきでは」などの方向性が示された。
 国交省が示した論点のほかに、委員から発注者側の技術継承という論点も提案された。
 国交省は提示した論点などについて6~7月に関係団体へのヒアリングを実施する。日本建設業連合会(日建連)や全国建設業協会(全建)、建設コンサルタンツ協会などを対象に想定している。
 《基本問題検討部会の論点》
 ■企業評価・技術者評価等に関する論点
 △企業や技術者が「良い仕事」を行うインセンティブがある仕組みとなっているか
 △地域の守り手である地域企業が将来にわたって確保される仕組みとなっているか
 △人材(技術者など)がキャリアパスに応じた適切な評価がなされる仕組みとなっているか
 ■入札契約方式に関する論点
 △総合評価方式の入札で参加者間の応札価格・技術評価点の差が縮まっている中、価格と技術に優れた契約相手をどのように選ぶのか
 △災害復旧工事や維持管理分野など工事の特性や状況に応じた多様な入札契約方式が準備され、実施できる環境となっているか
 △総合評価方式の入札の評価項目などを政策の推進のために設定するニーズがあるが、どのように取り扱うべきか
 ■監督・検査に関する論点
 △i-Construction(建設現場の生産性向上策)の推進や新技術の活用などによって、工事品質の信頼性をいかに確保するべきか
 △工事の品質確保を前提としつつも、監督・検査業務や品質管理の効率化を図るべきではないか
 ■建設生産・管理システムの論点
 △維持管理段階をはじめ、各段階で得られた知見をどのように上流段階(設計・施工)へ反映させていくべきか
 △計画・調査・設計分野で建設生産・管理システム全体を俯瞰(ふかん)し、改善を図るべきではないか
 △i-Constructionの推進やNETIS(新技術情報提供システム)など新技術の導入を建設生産・管理システムでどのように進めていくべきか
 △効率的に公共事業を進めていく上で、そのマネジメントはいかにあるべきか
 △海外展開を促進するための建設生産・管理システムの改善も必要ではないか

(日刊建設工業新聞様より引用)