?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????$????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国交省/直轄国道維持管理に新技術続々/初弾は橋梁非破壊検査270橋で | はいよ Hi-Yo!

国交省/直轄国道維持管理に新技術続々/初弾は橋梁非破壊検査270橋で

 国土交通省は17年度から、直轄管理国道の維持管理を効率化・高度化する計5種類の新技術の試行に乗りだす。最終的に試行する新技術を選ぶ性能評価段階までに同省の新技術情報提供システム(NETIS)に登録されることを条件に順次公募し、それぞれ選んだ新技術を直轄国道で試行する。初弾として17年度中にコンクリート橋の非破壊検査技術の試行を約270橋で始める。
 17年度予算で道路施策の最重点課題に位置付ける老朽化対策の新規事業として展開する。17~18年度に5種類の新技術を直轄国道の維持管理で順次試行する。
 試行する5種類の新技術は、▽コンクリート構造物の浮き・剥離を検出する非破壊検査▽プレストレストコンクリート(PC)橋の被覆PC鋼線▽路面下空洞調査▽舗装点検▽土木鋼構造用塗膜剥離剤。
 このうち、先行して公募と評価を終えたコンクリ構造物の非破壊検査技術は17年度中に試行を始める。具体的には、橋桁のコンクリの浮き・剥離を検出する調査について、西日本高速道路エンジニアリング四国が開発した赤外線を使う非破壊検査技術「Jシステム(赤外線調査の精度・信頼性・効率性を確保する次世代赤外線画像判定支援システム)」を採用する。
 Jシステムを採用すれば、標準的な規模の橋(面積218平方メートル程度)の検査費用は約8万円。目視や打音による人力だけの点検(約11万円)と比べ約2割削減できる。
 Jシステムは直轄国道の約270橋で試行する。法令ですべての橋とトンネルの道路管理者に義務付けている5年に1回の定期点検のルールと連動し、直轄国道の橋限定の維持管理ルールとして定期点検サイクルの中間年に行っている検査や事故の予防措置の対象になる橋を特定した。
 Jシステム以外の新技術の試行導入に向けては、Jシステムとは別にコンクリ構造物の浮き・剥離を検出する非破壊検査技術を7月20日まで公募中。
 今月28日には路面下空洞調査技術の公募を始めた。従来のレーダー探査機では深さ1・5メートル程度までしか調査できないが、これよりも深い場所の空洞を調査できる技術を求める。
 スマートフォンを使った簡易な方法を目指す舗装点検技術と、簡易な橋の塗装の塗り直しを可能にする土木鋼構造用塗膜剥離剤の公募は今夏から秋ごろにかけて始める予定。海水などからの腐食を防げるようにする被覆PC鋼線の公募は4月に終えている。
 Jシステム以外の新技術は18年度までに直轄国道で順次試行する。

(日刊建設工業新聞様より引用)