???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国交省/直轄工事契約件数、1~3月は3割増/2次補正予算効果で工事稼働件数増加 | はいよ Hi-Yo!

国交省/直轄工事契約件数、1~3月は3割増/2次補正予算効果で工事稼働件数増加

 国土交通省が発注する直轄工事の2017年1~3月の新規契約件数が、前年同期の1・3倍に当たる約3600件となった。16年度第2次補正予算などの執行の効果が表れており、受注額は技能者への賃金や資材費に充てられている。受注増に伴い、工事稼働件数も伸びており、今後、出来高として2次補正の効果が公的固定資本形成の数値にも反映されていくとみられる。
 23日に首相官邸で開かれた経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)に臨時議員として出席した石井啓一国交相が、16年度2次補正の執行状況と公共工事を担う建設業の状況を報告した。
 この中で石井国交相は、2次補正による同省所管の公共事業関係費の執行について、件数ベースで約96%が契約済みとなっている状況を示した上で、2次補正分を含めた直轄工事の契約件数が増加していることを示す資料も提出した。受注増に伴い、4~6月の稼働件数も平均で前年同期の1・2倍に当たる約7100件に上る見込みという。
 加えて、公共工事の受注高が増加した後を追って公的固定資本形成の数値が上がっていく過去のトレンドを踏まえ、今回の1~3月の受注増も出来高に応じて効果が現れてくるとの見通しを示した。1~3月は公的固定資本形成が0・1%減(実質、季節調整値)となったが、これで評価をするのではなく、今後の推移をみていく必要があると強調した。
 石井国交相は、建設業の人手不足感が高まっているとの見方に対しても、同省の建設労働需給調査の推移から「需給は年々緩和している」と反論。労働需給は東日本大震災(11年3月)以降で最も落ち着いており、人手不足に伴って懸念される公共工事の入札不調も震災前と同水準になっているとして、「民間投資が増加する中でも工事は順調に消化されている」との認識を示した。
 足元の人材確保ができている一方、高齢者の大量離職が想定される今後は、女性も含めた担い手の確保・育成をしっかり進めることが重要だとも強調。働き方改革や生産性向上への取り組みを強力に推進していく方針を示した。
 担い手の確保・育成に向け、社会保険加入対策や適正な賃金水準の確保、女性活躍の推進に取り組む。働き方改革では、政府の実行計画に基づき長時間労働の是正や週休2日の確保に向けた環境整備を推進。i-Constructionなどを通じて「社会全体の生産性革命を進めていく」と述べた。

(日刊建設工業新聞様より引用)