???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国交省/自治体建築事業の課題整理/設計段階で変動多く、コスト増対応に苦慮 | はいよ Hi-Yo!

国交省/自治体建築事業の課題整理/設計段階で変動多く、コスト増対応に苦慮

 国土交通省は地方自治体の建築事業の円滑な実施に向け、発注フローの各段階での課題を有識者会議「地方公共団体における建築事業の円滑な実施に向けた懇談会」(座長・大森文彦東洋大教授)に報告した。企画段階で事業予算を決定しても、設計時の要求内容の精査や変更でコストが変動。設計の見直しや予算の増額など対応に苦慮する自治体が多いと指摘した。今後、発注関係事務を適切に行うための留意点や対応策を検討し、手引や指針を作る。
 24日に東京都内で開いた懇談会の第2回会合に、初会合での意見や指摘などを踏まえてまとめた課題を提示した
 企画段階では、発注者は基本構想・計画に基づき予算措置を講じるが、古い事例を参考にしたり、工事発注までの間が長く物価変動が生じたりして後段階で実際の費用とのかい離が発生。費用の変動があっても、措置した予算の範囲内で対応しなければならないことが多いとした。
 基本設計段階では、発注条件と整合しない基本設計図書だと後段階の積算が予算とかい離する可能性があると指摘。このため設計図書の精度向上が重要になるが、その認識が受発注者ともに不足している場合があるとした。実施設計段階での予算管理には、国交省が策定した「官庁施設の設計段階におけるコスト管理ガイドライン」を活用することが有効だとしている。
 積算段階に入ってからも建築確認手続きなどで設計図面の修正が生じる場合があり、数量算出に手戻りが発生する可能性があると指摘。実施設計後にも概算の確認を行う観点から、数量計算を容易に行えるBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の普及が望まれるとした。
 発注者が見積価格を補正して単価を設定する際、予算内に収めるために厳しい補正率を用いると実勢価格とかい離してしまうケースがあることも課題に挙げた。発注者が積算システムにデータを入力する段階で、予算超過による修正設計が生じると大きな手戻りが発生すると指摘。さらに発注方式によってコストも変わるため、状況を踏まえた柔軟な対応の必要性も挙げている。
 同日の会合では懇談会の委員で、現在新庁舎を整備している茨城県日立市と千葉県市原市の担当者がそれぞれの事例を解説した。
 実態を把握するため関係団体からの情報提供も受けた。全国建設業協会(全建)を代表して近藤駿明富山県建設業協会会長が庁舎施設整備での発注者支援の強化を要請。坂田明明豊ファシリティワークス代表取締役会長が庁舎整備のコンストラクション・マネジメント(CM)業務を説明した。

(日刊建設工業新聞様より引用)