???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国交省/道府県管理ダム再開発工事に代行制度導入検討/国交省や水機構のノウハウ提供 | はいよ Hi-Yo!

国交省/道府県管理ダム再開発工事に代行制度導入検討/国交省や水機構のノウハウ提供

 国土交通省は、道府県が管理している既設ダムの再開発工事を、同省や水資源機構が代わって行えるようにする制度を導入する検討に入った。大雨による水害が相次ぐ中、治水機能を効率的に高められるダムの再開発を加速するのが狙い。道府県の職員の減少にも備える新たな技術支援策として、同省や水資源機構が保有する高度で豊富な技術力やノウハウを最大限提供できるようにする。
 代行制度の導入は、今後の河川事業の検討課題として、22日に開かれた社会資本整備審議会(社整審、国交相の諮問機関)河川分科会の「大規模氾濫(はんらん)に対する減災のための治水対策検討小委員会」(委員長・小池俊雄東大大学院教授)で提示された。
 国交省によると、全国に約2700カ所あるダムのうち、治水機能を備える同省所管のダムは556カ所。うち434カ所は道府県、残りの122カ所は同省(99カ所)と水資源機構(23カ所)がそれぞれ管理している。
 今年の夏から秋にかけて日本列島に上陸・接近した台風では、北海道や岩手県などにある道県管理の河川で堤防の決壊などが多発し、流域に甚大な浸水被害をもたらした。気候変動で大雨による水害が頻発・激甚化する中、国交省は効率的な治水対策として、ダムの再開発を加速する必要があると判断。道府県管理のストックへの代行制度を探ることにした。
 代行制度の主な対象工種として想定しているのが貯水容量を増やすかさ上げ工事。2013年の道路法改正で導入された同省による地方道の改築・修繕工事への代行制度と同様に、今後、予算や職員がさらに不足するとみられている道府県では速やかに着手しにくい大規模かつ技術的難易度の高い工事を重点的に支援する。施工業者を選ぶ入札契約手続きや現場監督などを補完する。
 国交省によると、過去に河川施設の整備で代行制度が適用された実績は、地方自治体からの受託事業という枠組みで技術的難易度の高い災害復旧工事に限ってある。先行する地方道の改築・修繕工事のように、事業全般の権限を本来の施設管理者に代わって行う制度は、河川法を改正して新たに規定する必要がある。
 そのため、国交省は年内にもまとまる小委員会からの提案を踏まえ、来年の通常国会に河川法改正案を提出するかどうかを判断する。最短で来夏の出水期までに一定の制度構築を目指す。

(日刊建設工業新聞様より引用)