???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国交省/鉄道工事での働き方改革議論開始/連絡会議発足、18年度に受発注者実態調査 | はいよ Hi-Yo!

国交省/鉄道工事での働き方改革議論開始/連絡会議発足、18年度に受発注者実態調査

 国土交通省は25日、鉄道工事に特化して建設業の働き方改革を官民で話し合う連絡会議を設置し、省内で初会合を開いた。作業を行える時間が列車走行の少ない深夜などの一部に限られるケースが多い鉄道工事ならではの課題を整理・共有し、作業員の週休2日の確保などにつなげる。初会合で同省は、18年度から受発注者双方に対する実態調査に乗りだす方針を報告した。
 設置されたのは「建設業の働き方改革に関する鉄道関係連絡会議」。議長を同省鉄道局の施設課長と総務課長が共同で務める。発注者側からはJR7社(東日本、東海、西日本、北海道、四国、九州、貨物)と日本民営鉄道協会、日本地下鉄協会、受注者側からは日本建設業連合会(日建連)と全国建設業協会(全建)が参加。鉄道建設・運輸施設整備支援機構も参画する。オブザーバーとして同省の官房技術調査課と土地・建設産業局建設業課も名を連ねる。
 同日の初会合は非公開で開かれた。国交省によると、あいさつした藤井直樹鉄道局長は、厚生労働省が今年の臨時国会に提出する労働基準法改正案で新たに規定される時間外労働の上限規制の適用が猶予される施行日から5年の間に、建設業の働き方改革を官民でしっかりと推進する必要があると訴えた。
 会合に参加した鉄道事業者からは、作業を行える時間が限られる鉄道工事の特性への理解と配慮を求める一方、作業を省力化できる新技術の開発に力を入れていく方針が表明された。日建連や全建からは、下請も含めて実態調査を行う必要性が指摘されたという。
 会議の次回日程は未定だが、政府が6月に発足させた「建設業の働き方改革に関する関係省庁連絡会議」などの動向を考慮しながら議論を進める。
 国交省は、18年度から受発注者双方に対する実態調査を行う。作業を行える時間の制約が特に厳しい営業線の新設や維持管理をはじめ、リニア中央新幹線や整備新幹線のような新線建設も含めた工事の条件別に、建設業の作業員などの就業時間や休日の確保状況などを調べる方針だ。
 国交省によると、直近の15年度に行われた民間土木工事の規模は約6・2兆円。うち鉄道関係の土木工事が1割超を占めているという。現時点で詳細な実態は不明だが、鉄道工事に携わる建設業関係者の多くが、休日を思うように確保できていない状況が発生しているとみられている。

(日刊建設工業新聞様より引用)