???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国交省/防災拠点の機能継続指針策定に着手/検討委、7月18日に初会合 | はいよ Hi-Yo!

国交省/防災拠点の機能継続指針策定に着手/検討委、7月18日に初会合

 ◇17年度中に取りまとめ
 国土交通省は、災害時に防災や避難の拠点となる建築物の機能継続に関するガイドラインの策定に着手する。昨年4月の熊本地震での建物被害を踏まえた対策の一環。学識者や実務者らでつくる検討委員会(委員長・久保哲夫東大名誉教授)の初会合を18日に開き、ガイドラインの検討方針などを議論する。17年度中をめどに成果をまとめる。
 熊本地震で多発した建築物被害の原因を分析した国交省の有識者委員会は、1981年6月に導入された建築基準法の現行耐震基準が倒壊・崩壊防止に有効だったと評価する最終報告を昨年9月にまとめた。一方で、構造上の安全性は確保されたが、構造部材や非構造部材(外装材や天井材など)の部分的な損傷や変形、脱落などで建築物の機能が損なわれ、継続使用できなかった事例も多かったとしている。
 国交省は報告内容を受け、全国で推進する対策の一環として、災害時も機能を継続すべき庁舎や、防災・避難・救助などの拠点と想定されている施設が被災後も機能を維持するに当たり参考となる事項を明記したガイドラインを作る。
 被災後も使用し続けるという観点からハード・ソフト両面の知見や情報を提供。建築主が構造などの最低基準を定めた建築基準法より高いレベルの対策を求める場合に参考となるような知見を示す。
 ガイドラインの策定に向けて国交省は、「防災拠点等となる建築物に係る機能継続ガイドライン検討委員会」を新設。学識者や実務者を委員に招くほか、協力委員として内閣府、総務省、文部科学省、厚生労働省、国交省の担当者も参画する。18日の初会合ではガイドラインの検討方針などを検討。数回議論を重ね、17年度中の取りまとめを目指す。
 久保委員長以外の委員は、▽一方井孝治建築設備技術者協会(鹿島執行役員エンジニアリング事業本部副本部長▽海野令東京都財務局建築保全部建築構造専門課長▽大塚雅之関東学院大建築・環境学部教授▽塩原等東大大学院工学系研究科教授▽下秋元雄日本エレベーター協会専務理事▽清家剛東大大学院新領域創成科学研究科准教授▽常木康弘日本建築構造技術者協会(日建設計取締役兼常務執行役員エンジニアリング部門副統括兼技術センター長)▽寺本隆幸東京理科大名誉教授▽山田哲東工大科学技術創成研究院未来産業技術研究所教授▽福山洋国土技術政策総合研究所建築研究部長▽奥田泰雄建築研究所構造研究グループ長▽山海敏弘建築研究所環境研究グループ長。
 協力委員は、▽廣瀬昌由内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(調査・企画担当)▽田辺康彦総務省消防庁国民保護・防災部防災課長▽山川昌男文科省官房文教施設企画部施設企画課長▽坂上祐樹厚労省医政局地域医療計画課救急・周産期医療等対策室長▽吉野裕宏国交省官房官庁営繕部整備課長。

(日刊建設工業新聞様より引用)