???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国交省/防災拠点の機能継続指針策定へ/基準法より高い性能確保めざす | はいよ Hi-Yo!

国交省/防災拠点の機能継続指針策定へ/基準法より高い性能確保めざす

 国土交通省は災害時に防災や避難の拠点となる建築物の機能継続に関するガイドラインを策定する。昨年4月の熊本地震での建物被害を踏まえた対策の一環。被災後も使用し続けるという観点からハード・ソフト両面の知見や情報を提供し、構造などの最低基準を定めた建築基準法より高いレベルの対策を促す。知見の収集・整理を始めており、17年度中にまとめ、周知や支援も行う。
 熊本地震で多発した建築物被害の原因を分析した国交省の有識者委員会は、1981年6月に導入された建築基準法の現行耐震基準が倒壊・崩壊防止に有効だったと評価する最終報告を昨年9月にまとめた。一方で、構造上の安全性は確保されたが、構造部材や非構造部材(外装材や天井材など)の部分的な損傷や変形、脱落などで建築物の機能が損なわれ、継続使用できなかった事例も多かった。
 国交省は報告内容を受け、全国で推進する対策の一環として、災害時も機能を継続すべき庁舎や、防災・避難・救助などの拠点と想定されている施設が被災後も機能を維持できるようにするための対策を整理したガイドラインを策定。建築基準法より高い性能の確保を目指す。
 ガイドラインは、建物所有者・管理者が個々の施設の機能や重要度に応じて機能継続のための水準や個別の対策事項を選択できるように示し、実務で活用できる知見や情報を提供する。
 ハード面では、構造部材の損傷や非構造部材の変形・脱落などを防止する事項を提示。地震で構造躯体の各部材に作用する力が部材を損傷させる限度を超えず、構造躯体が変形しても非構造部材に脱落などが生じないようにするための知見を整理する。
 使用し続ける、住み続けるには、設備の継続稼働をどう確保するのかも重要になる。ガイドラインには、設備や配管の脱落・転倒防止のための固定や、非常用発電設備の設置などの対策を明示。避難者の受け入れを想定して一時滞留や宿泊、トイレ、応急救護などのスペースを確保することも盛り込む。
 被災時に想定通りの機能を発揮させるにはソフト面の取り組みも不可欠。建築物の安全確認・点検・復旧フォロー体制の整備や、物資の事前確保・備蓄、情報伝達体制の構築といった管理上の留意事項を示す。
 学識者や実務者の意見も聞きながら、17年度をめどに取りまとめ、必要な対策が講じられるよう周知・支援する。防災拠点となる建築物を対象にしたガイドラインだが、国交省は「被災後に機能継続が求められる建築物の参考にしてほしい」(伊藤明子住宅局官房審議官)としている。

(日刊建設工業新聞様より引用)