???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国交省/16年度下請実態調査結果/技能労働者賃金、改善傾向も格差に広がり | はいよ Hi-Yo!

国交省/16年度下請実態調査結果/技能労働者賃金、改善傾向も格差に広がり

 国土交通省は27日、16年度下請取引等実態調査の結果を発表した。全国約1万4000業者を対象に調査。技能労働者に支払う賃金水準について、予定を含め「引き上げた」との回答が前年度に比べ1・2ポイント上昇。全体的に賃金水準が改善傾向にある中、2次以下の下請は逆に「引き上げた」の回答割合が低下した。上昇した賃金が末端まで十分に行き渡らず、労働者間で格差が広がっている可能性もある。
 調査は7~9月にアンケート形式で実施。13年7月から16年6月までの3年間の取引を対象に回答を求めた。回収率は86・4%。
 賃金を「引き上げた」(予定含む)との回答割合は、13年度が50・2%、14年度が61・2%、15年度が68・6%で、16年度は69・8%とさらに上昇。元請・下請別に見ると、元請が70・2%(15年度70・2%)、1次下請が65・5%(62・5%)、2次下請が50・7%(53・5%)、3次以下の下請が35・7%(43・8%)。元請と1次下請は前年度を上回ったが、2次・3次以下の下請は下回った。
 引き上げた理由としては、「周りの実勢価格が上がっており、引き上げなければ必要な労働者が確保できない」(40・5%)、「若者の入職促進など業界全体の発展に必要と考えた」(36・2%)など。一方、引き上げない理由は前年度と同様に「請け負った価格が低く、賃金引き上げの費用が捻出できない」(46・7%)、「経営の先行きが不透明で引き上げに踏み切れない」(44・4%)の順で多かった。
 技能労働者の賃金水準の設定で公共工事設計労務単価を参考にしているか聞いたところ、「参考にしていない」(46・0%)との回答が最も多いことが分かった。
 元請から下請へのしわ寄せの状況も聞いた。不当なしわ寄せを受けた割合は11・1%(前年度11・7%)と改善。資本金階層別で見ると、資本金規模の小さい業者ほどしわ寄せの割合が高い傾向にあるものの、改善傾向にあった。不当なしわ寄せ内容のうち、最も多かったのは前年度と同じ「下請契約の締結が工事着手後となった」(27・5%)だった。
 建設業法の順守状況については、不適正な回答の場合に是正指導の対象となる30の調査項目のうち、23項目が前年度より改善。特に「施工体制台帳の添付書類(公共工事)」の改善が顕著だった。国交省は今回の調査結果を基に指導票を送付し、是正措置を講じるよう求める。必要に応じて許可行政庁の立ち入り検査なども実施する。
 指導の必要がない「適正回答業者」は387者で全体の4・0%(前年度3・1%)だった。

(日刊建設工業新聞様より引用)