???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国交省/16年度3次補正予算/ゼロ国債2977億円配分、年度内契約で効率執行 | はいよ Hi-Yo!

国交省/16年度3次補正予算/ゼロ国債2977億円配分、年度内契約で効率執行

 政府の16年度第3次補正予算が成立したことを受けて国土交通省は、国庫債務負担行為(ゼロ国債)について、合計2977億52百万円を各事業に配分した。ゼロ国債を活用すれば、16年度中の支出がゼロでも、年度内に発注契約することが可能。発注・施工時期の平準化を図り、公共事業予算の効率的な執行を促進する。
 配分額は、本省が具体的な事業を対象に配分する「本省配分」(2093億10百万円)と各地方整備局にまとめて配分する「一括配分」(884億42百万円)で構成。全体配分額のうち、直轄事業に2876億38百万円、補助事業に101億14百万円を充てた。
 事業別の配分額は、▽治水729億17百万円(直轄)▽海岸33億95百万円(同)▽道路整備1682億35百万円(直轄1608億45百万円、補助73億90百万円)▽港湾整備283億11百万円(直轄272億96百万円、補助10億15百万円)▽空港整備103億60百万円(直轄86億51百万円、補助17億9百万円)▽道路環境整備108億11百万円(直轄)▽都市水環境整備17億10百万円(直轄)▽国営公園等20億13百万円(直轄)-となる。
 配分に当たって国交省は、特に積雪寒冷地域など地域の状況を考慮。配分が最も多い道路整備では例えば、新潟県村上市と山形県鶴岡市にまたがる直轄事業の一般国道7号朝日温海道路(高規格道路、事業延長40・8キロ)に5億80百万円を充て、積雪寒冷地である猿沢地区の改良工事を早期に発注。冬季を避けた施工で着実な事業進ちょくを図る。補助事業では、兵庫県加美町から新温泉町の一般国道178号浜坂道路に12億円を配分。次年度に発注予定だった舗装工事を前倒しして17年度の開通を確実にする。
 北海道千歳市などの石狩川水系石狩川下流で実施する河川改修事業には92億42百万円を計上。施工が困難な冬季の作業を軽減し、堤防整備などの実施で、早期に地域の安全性を向上させる。
 水深14メートル岸壁の整備が進む北海道の釧路港西港区には37億22百万円のゼロ国債を計上し、積雪寒冷地で施工が春~秋に限られる現状を踏まえ、効率的な事業の進ちょくに役立てる。羽田空港(東京都大田区)にも46億82百万円を充て、発注の平準化による効率的な執行を促進。機能強化などの事業を着実に進める。
 国交省分の3次補正には、公共土木施設等の災害復旧等に944億18百万円が計上され、昨年の台風や豪雨で被害を受けた河川、道路、港湾などの災害復旧事業を実施する。配分は今後行う予定。戦略的海上保安体制の構築には29億92百万円を計上した。
 ゼロ国債は総額2984億40百万円。今回配分した分の差額6億88百万円は非公共扱いの付帯工事を実施する。
 3次補正の成立を受けて国交省は、所管事業の執行について事務次官名の通知を1月31日付で出し、追加事業の早期かつ円滑な執行を指示。併せて、関係課長連名の通知で、一括審査方式の積極的な活用など入札・契約手続きの効率化を図り、円滑な事業執行へ施工時期の平準化や関係者間での工事工程の共有を図るよう要請した。
 □3次補正ゼロ国債(直轄事業分)の地方整備局等別配分額□
 △北海道開発局=753億40百万円
 △東北地方整備局=256億43百万円
 △関東地方整備局=408億95百万円
 △北陸地方整備局=269億91百万円
 △中部地方整備局=284億19百万円
 △近畿地方整備局=307億10百万円
 △中国地方整備局=159億63百万円
 △四国地方整備局=90億75百万円
 △九州地方整備局=240億63百万円
 △沖縄総合事務局=18億88百万円
 △東京航空局=83億26百万円
 △大阪航空局=3億25百万円

(日刊建設工業新聞様より引用)