国交省/CIM試行案件に検討項目設定/18年度以降の本格導入に弾み

 国土交通省はCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の活用を加速する。発注者指定型などで発注する直轄のCIM試行業務・工事に、属性情報の付与といった検討項目を設定。課題の抽出や解決方策の検討を進める。基準類の整備にもつなげるなど、来年度以降の本格導入に向けて弾みをつける。
 国交省は建設現場の生産性向上策i-Construction推進の一環として、3月に「CIM導入ガイドライン」を策定し、CIMモデル活用に必要となる基準類も改定。17年度から発注者指定型と受注者希望型の2タイプでCIMの導入に取り組んでいる。
 試行に当たり、▽属性情報の付与▽CIMモデルによる数量、工事費、工期算出▽施工段階を見据えたCIMモデル構築▽CIMモデルによる照査の実施▽CIMモデルのデータ共有方法-の5項目を検討。案件ごとに項目を設定する。
 属性情報の付与では、ガイドラインで示した属性情報のうち工種や工程で必要となる属性項目を整理する。数量などの算出では、土木工事数量算出要領などで示す従来方法にとらわれず、効率的な方法を検討してもらう。施工の各段階の時間軸を付与した3次元(3D)モデルと3D計測手法を連動させ、出来形管理などに活用できるモデル構築を検討する。
 照査では、2次元図面が対象の詳細設計照査要領の実施項目のうち、CIMモデルで効率的に照査できる項目を選定し実施。照査の自動化など効率的な照査方法もまとめる。受発注者間のデータ共有も検討。インターネットを介しCIMモデルなど主要情報を確認できる環境を整備する。

(日刊建設工業新聞様より引用)