???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 国土地理院/ドローン操縦職員、被災地の状況把握に活躍/養成組織発足から1年 | はいよ Hi-Yo!

国土地理院/ドローン操縦職員、被災地の状況把握に活躍/養成組織発足から1年

 ◇17年度、全地方部に機器配備
 ドローン(小型無人機)を巧みに操る職員を養成する国土地理院の組織「ランドバード(GSI-LB)」が、16年3月の発足から1年を経過した。高度な飛行技術を求められる独自ライセンスを持つ職員が着実に増加。自然災害の現場に駆け付けて動画撮影を行い、被災状況を把握するのに貢献している。本年度中に全国10カ所の全地方測量部に機器を配備。機動的に対応できる体制を整える予定だ。
 地理院では、職員用にA級、B級の二つのライセンスを用意。A級は、10時間以上の飛行訓練を受けて検定に合格し、災害現場でドローン撮影を行える高度な技術を持つ資格で、現在7人の職員が取得。航空法に基づく承認の必要がない場所でドローンを扱えるB級ライセンスは30人ほどが取得した。
 発足から1年の間に、資格を取った職員が国土交通省のテックフォース(緊急災害対策派遣隊)の一員として各地の災害現場に派遣された。昨年4月の熊本地震では、崩落した阿蘇大橋などを撮影。熊本市からの要請に応じて石垣の崩れた熊本城の様子も撮影した。8月に北海道や東北を直撃した台風9~11号では被災したインフラや孤立集落の状況、10月の鳥取県中部地震でも落石や道路の亀裂などの状況を人が立ち入れない所から撮影してホームページを通じて公表。地元の自治体などに提供し、復旧に役立ててもらった。
 災害現場などでドローン撮影を行う場合、安全飛行管理者、A級資格を持つ操縦者、補助者など4~5人のチームで対応する。派遣する人員は、地理院の災害対策本部が登録メンバーの名簿から選抜し、院長が指示を出すことになる。
 地理院は、今後も発生が予想される全国各地の災害に迅速に対応できるよう、有資格者100人超の体制を整備する方針だ。特に、現在は茨城県つくば市の本院にしかいないA級の取得者を「各地方測量部で最低1人、本院を含めて20人ほどを育成し、災害時に迅速に対応できるようにしたい」としている。
 そのために、ライセンス取得に必要な飛行訓練をあらゆる機会を通じて実施する。訓練は、つくば市の本院内の広い敷地を利用することが多いが、今後はそれぞれの地方測量部でも用地を確保するのが課題という。所有している対応機器は現在8台。一部の地方測量部にも配備しているが、本年度中にすべての地方測量部に配備し、すぐに現地に駆け付けられる体制を築く。
 ランドバードは、災害時対応のほか、平時の地図更新業務などでも活躍している。16年度は、広島港の埋め立てに伴う地図の修正に当たり、ドローンで撮影した画像を利用した。今後も道路の開通、宅地造成、埋め立てといった地図修正など平時の公共測量を行いながら、災害時の対応に備えられるようにする。
 国交省が進める建設工事の生産性向上策i-Constructionへの対応では、昨年3月に制定した「UAV(無人航空機)を用いた公共測量マニュアル(案)」「公共測量におけるUAVの使用に関する安全基準(案)」などに基づく作業がより効率的に行えるよう、現場での活用成果を反映させた見直しにも取り組んだ。
 災害時に対応するドローン操縦者を育成したい自治体から寄せられる相談にも応じている。

(日刊建設工業新聞様より引用)