???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 土木学会/米欧の土木学会と連携強化/インフラ老朽化対策で知見蓄積へ | はいよ Hi-Yo!

土木学会/米欧の土木学会と連携強化/インフラ老朽化対策で知見蓄積へ

 土木学会(大石久和会長)は、インフラの老朽化対策で米欧各国の土木学会と連携を強化する。7月下旬に米国土木学会(ASCE)と初めて意見交換。10月にはASCEがルイジアナ州ニューオーリンズで開く全米大会で、大石会長とASCE会長が連携策を協議する。来年4月をめどに英国土木学会(ICE)とドイツ土木学会を訪問。インフラ投資や政策をテーマに意見交換する予定だ。メンテナンス分野で日本企業の保有技術も発信し、日本政府のインフラ輸出を学術面から後押しする。
 同学会は、インフラ維持管理・更新に向けた体制整備や投資の必要性を国民に伝える方策を検討する一環として、日本同様にインフラが充実する米欧先進各国からインフラ関連の政策・投資で知見を集める。
 初弾となったASCEとの意見交換は、7月24日にバージニア州ダレスのASCE事務局で実施。塚田幸広専務理事や中村光名古屋大大学院教授、国土交通省の奥村康博総合政策局海外プロジェクト推進課長などが参加した。
 日本側は同学会が作成したインフラ健全性を評価する「社会インフラ健康診断書」、ASCE側もインフラ評価書「レポートカード」の内容を説明。インフラ老朽化対策が日米共通の課題で、今後は委員会ベースでAI(人工知能)など最新技術を使った調査・診断・保全分野の研究成果を交換することで合意した。
 米連邦道路庁道路研究センターに対して日本の専門機関・団体と意見交換を行う場を設置するよう呼び掛けることも決めた。今後も意見交換を続ける。
 塚田専務理事は「この20年を見て世界の先進国の中でインフラ投資が半減したのは日本だけだ。他国は2倍、3倍と伸ばしている」と指摘した。
 その上で、国民にインフラ投資の必要性を伝える手段として「ASCEはインフラ維持管理への投資がある場合とない場合で国民が支払う将来の年間負担額(税負担)の増減の違いを具体的に公表し、インフラの必要性を理解させていることは日本の参考になる」と述べ、ASCEから税負担の算出・比較方法などの資料の提供を受けたことを明かした。
 米国と同様、限られた財政枠の中でインフラ投資を拡大している欧州先進国の考え方や政策展開、財源確保なども調査する必要があるとして、英国とドイツの土木学会とも意見交換する方向で調整に入る。インフラ整備に民間資金を活用する英国に対して、ドイツは公共財源で継続的なインフラ投資を行っている。

(日刊建設工業新聞様より引用)