???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 多様な入札契約モデル事業・上/地域の課題解決へ助言 | はいよ Hi-Yo!

多様な入札契約モデル事業・上/地域の課題解決へ助言

 ◇入札不調リカバリー/機能に焦点当て独自方式

 改正公共工事品質確保促進法(公共工事品確法)に盛り込まれた「多様な入札契約方式」。国土交通省は地方自治体が実施する多様な入札契約方式の活用を支援する16年度モデル事業の成果を取りまとめた。各自治体が抱える課題はさまざま。同省が選定した支援事業者を送り込み、工事の性格や地域の実情に応じた最適な手法の実現を後押しした。

 3年目となった16年度のモデル事業は、▽神奈川県小田原市の市民ホール建設事業(支援事業者=日建設計コンストラクション・マネジメント)▽滋賀県野洲市の病院建設事業(同)▽高知県中土佐町の新庁舎等建設事業(同)▽高松市の給食センター建設事業(支援事業者=アクア)▽香川県善通寺市の新庁舎建設事業(支援事業者=明豊ファシリティワークス)-の5件で行われた。

 発注体制の不安や、事業費や時間の制約など地域が抱える課題を整理し、解決に向けたスキームを提案。共通課題のコスト管理についても発注者ごとに取り入れた工夫や方法が異なり、各自治体の課題に合わせた独自の方式を組み立てた。

 小田原市の案件では入札不調のリカバリー方策を検討した。市は16年11月、それまでの計画・設計案を白紙に戻し、新たな整備内容・事業予算を公表。発注方法に設計・施工一括方式を想定して事業を再開する方針を提示した。これを踏まえ、事業予算内で実現可能な規模・機能を設定した。

 品質の確保とともに事業参加の間口を広げるため、「設計者・施工者JV」を基本とする技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)を導入。事業の確実な遂行に向け、▽十分な技術提案作成期間の確保▽技術対話による提案内容の改善▽実施設計の途中段階で価格交渉を行った後に実施設計・施工一括契約-といった工夫を取り入れた。

 設計者の視点や発注者のチェック機能を補完することを目的に、建築家や学識経験者などで構成する整備推進委員会も設置。事業推進に向けた17年度以降のスケジュールを構築するところまでたどり着いた。

 高松市の給食センター建設は、老朽化した給食センターを児童・生徒数の増加に合わせて再整備する事業。市は当初、施工者選定に事業の早期段階から施工予定者(優先交渉権者)が技術協力するECI(アーリー・コントラクター・インボルブメント)方式を採用することを想定していた。

 建屋の本体は比較的簡易なものだが、そのスペックなどは建屋内の厨房(ちゅうぼう)機器のレイアウトやスペースの影響を受ける。このため厨房機器に焦点を当てて最適な入札契約方式を検討。その結果、給食センターの機能となる厨房のノウハウを持つ厨房業者を機器調達の優先交渉権者として設計段階で選定し、技術協力を得る独自スキームを構築した。

 本体工事のコスト縮減のため、基本設計に対するVE提案を取り入れ、基本設計の修正期間を追加。事業費の予算オーバーに伴う工程遅延を極力回避し、開業に向けた再スケジュールを取りまとめた。

(様より引用)