???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 大林組、巴技研/大型風車組み立て装置開発/部材をリフトアップ、ヤード最小限に | はいよ Hi-Yo!

大林組、巴技研/大型風車組み立て装置開発/部材をリフトアップ、ヤード最小限に

 大林組は19日、巴技研(東京都中央区、兼澤敏之社長)と共同で、大型風力発電施設の建設向けに部材をリフトアップして風車を組み立てる装置を開発したと発表した。支柱の高さが90メートル程度となる出力3メガワット級の大型風車に対応できるようにしたのが特徴で、超大型クレーンを使わずに施工でき、施工ヤードが最小限で済む。準備工事も減らせ、従来工法に比べ10~20%程度のコスト削減が可能という。
 風力発電は発電効率を高めるため、大型発電機の採用が進んでいる。それに伴い、風車の中心部(ハブ)や羽根(ブレード)などで構成されるローターの径が大きくなり、支柱も高くなるなど風車自体が大型化している。
 ハブとブレードを地面で水平に組み立て、建て起こしながら支柱上端部へ上げていく「地組み工法」やハブとブレードをそれぞれ直接、支柱上端で取り付ける「シングルブレード工法」が一般的とされる。
 いずれも3メガワット級の風車になると、部材の組み立てや取り付けに1200トン級の超大型クレーンが必要となるが、国内には数台しかないため、調達が難しい上に現場への輸送も容易ではない。大きな施工ヤードが必要となることも課題となっていた。
 開発した「ウインドリフト」は、ジャッキアップ式装置で部材をリフトアップする。従来も同様の装置はあったが、大型風車に対応するとともに、ハブとブレードの建て起こし機能を搭載した。
 立ち木など障害物をかわすことができる地上10メートルの上空でハブとブレードを先に水平に組み立て、建て起こしながら支柱上端部へリフトアップでき、地上での組み立てスペースが不要になる。施工スペースを最大30%削減し、立ち木の伐採や造成など準備工事を減らすことができる。クレーンと違って風の影響を受けにくく、工程遅延のリスクを軽減することにつながる。
 装置は10トントラックなど通常の運搬車両で搬入可能なため、山間部、離島、狭あいな現場と適用範囲は幅広い。搬出入が容易なことから、風車が運転を開始した後の突発的な機材の交換修理など、メンテナンス工事にも迅速に対応できるという。
 秋田県三種町に建設を進めている同社グループ初の風力発電事業「三種浜田風力発電所」の風車建設でウインドリフトを使用した結果、約10%のコスト削減を実現した。

(日刊建設工業新聞様より引用)