大林組/耐震・制震ダンパーをユニット化/設置数減らしコスト低減、熊本城復旧に採用

 大林組は、建物に取り付け耐震性能と制震効果を同時に発揮する「クロスダンパー」を開発した。梁と柱で囲まれた空間にブレーキダンパーとオイルダンパーを交差させた構造の装置を取り付ける。これまで別々の空間に設置していた二つのダンパーが同一空間に収められる。装置の設置箇所数が減らせるため、耐震改修工事のコスト低減と工期短縮が実現できる。熊本市中央区で施工中の「熊本城天守閣復旧整備工事」で採用が決まっている。
 クロスダンパーは、性能の異なる2種類のダンパーをユニット化した装置。これまで別々に取り付けていたブレーキダンパーとオイルダンパーを1カ所にまとめ設置するため、室内動線を阻害することなく、建物の耐震性・制震性が高められる。
 建物が変形する大きさに合わせて効果が変わるブレーキダンパーと、建物の変形速度に応じて性能が変わるオイルダンパーを組み合わせることで、二つのダンパーが相乗効果を生み、多様な規模と揺れの地震に対応できるようになる。
 耐震改修工事の費用は、ダンパーやブレースの設置数によって大きく変動する。枠材を既存の柱や梁と一体化させる工程は多くの手間と時間、コストがかかる。クロスダンパーを適用すれば、それらの問題を解消できるという。
 新工法は、工事のスペースやダンパーの設置場所に制約があるマンションや病院、商業施設などに展開したい考えだ。

(日刊建設工業新聞様より引用)