大阪にLPガス供給販売の拠点設立

投資用不動産を販売するシノケングループ(福岡市)は5日、100%子会社でアパート・マンションを対象にLPガス供給販売を手掛けるエスケーエナジー(同)の子会社エスケーエナジー大阪(大阪市)を設立する。
シノケングループにとっては孫会社にあたる。
エスケーエナジーはこれまで福岡、東京、名古屋、仙台の4拠点で展開していた。

2014年12月からシノケングループが新規物件の供給と管理の拡充を進め、営業基盤が整い、アパート新築受注の増加で供給件数の大幅増加が見込めることから開業に至った。
事業を開始するのは6月1日を予定している。

(全国賃貸住宅新聞様より引用)