大阪府吹田市/健都イノベーションパーク利用事業/優先交渉権者にニプロ

 大阪府吹田市は「吹田市健都イノベーションパーク利用事業」用地に進出する企業を決める公募型プロポーザルでニプロを優先交渉権者に決めた。同市と摂津市にまたがる北大阪健康医療都市(健都)のうち国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市藤白台5)の新施設を設ける場所の北隣に国循と連携する企業向け用地を確保。場所は摂津市千里丘新町3。同社は研究開発管理本部とオープンイノベーション推進施設を複合化した施設(延べ床面積約3万4000平方メートル)を提案=完成予想。21年ごろの操業開始を見込む。
 同社が提案した研究開発管理本部(S造10階建て延べ約2万7000平方メートル)は人工臓器や循環器、検査・診断薬、注射・輸液の研究・開発・企画・管理などの中枢拠点。国内外の拠点と研究機関、大学、メーカーとの共同研究開発などを戦略的に推進する機能を備える。
 オープンイノベーション推進施設(S造4階建て延べ約7000平方メートル)は医療従事者と医療機器開発企業・医薬品研究企業が連携して、他社の技術などを活用して新製品を開発するオープンイノベーションを実現する場を計画。オープンラボや研修施設などを整備する。必要に応じて最新の医療機器・設備や模擬病室、シミュレーターを設置し、ベンチャー企業や医療機器・医薬品に携わる企業に開放する。
 同社では長期的には4万平方メートル以上の延べ床面積が必要とし、容積率の割り増しが可能な総合設計制度の適用などが用地の売買契約の条件になると表明。
 市は今回、5区画(ア~オ画地)で進出企業公募を行ったが、同社はこのうち3区画(イ・エ・オ画地、延べ約1万5836平方メートル)に新施設を整備する提案を行った。土地購入提案価格は18億0710万円。
 市は同社と仮契約締結後、18年度の市議会で仮契約案件承認を経て本契約を締結することになる。同年度にも着工する見通し。

(日刊建設工業新聞様より引用)