太平洋セメントら3社/都市ごみ焼却灰から貴金属回収/岩手県大船渡市で実証試験開始

 太平洋セメントら3社は、都市ごみの焼却灰に含まれる貴金属を回収する実証試験を始めた。大船渡工場(岩手県大船渡市)に試験設備を導入=写真。大部分が埋め立てられている焼却灰から貴金属を回収し販売するノウハウと体制を1年程度で確立し、事業化を目指す。
 同社が連携したのはエンビプロ・ホールディングス(静岡県富士宮市、佐野富和社長)、リバーホールディングス(東京都千代田区、松岡直人社長)。都市ごみの焼却灰から貴金属を回収したり、回収残さをセメント原料として再利用したりする共同研究を進めてきた。
 3月16日に大船渡工場で実証試験を始めた。試験設備の処理能力は1時間当たり6t。焼却灰からは金や銀、銅、鉄、白金、パラジウム、アルミニウムなどの金属を回収できる可能性があるという。
 実証試験を通じて灰から回収できる金属の種類や量などを見極め、事業化の可否を探る。大船渡以外の事業所に展開することも検討している。

(日刊建設工業新聞様より引用)